藁の家
先週の日曜日、こっちに来て初めて一人で高速道路に乗りました。
三重の津まで、藁の家づくりのワークショップに参加。

b0156249_2136396.jpg

場所はこんなところ・・・
薪ストーブを手放せないオーナー。
薪割りの音がうるさいと近所の方に言われ、引っ越しを決意したそう。
ここなら、薪割りも似合います。

今日の作業は、外壁の土塗りの下地づくり。
二週間前に積み上げられた藁のブロック(厚さ60センチくらい!)に竹を尖らせたものを3センチくらいさして、土をなじませます。
手で、土を塗り付けて、竹を刺して、、を3回繰り返します。
藁の家づくりのなかでも、結構辛い作業らしいです。

でも私は作業するの結構好きなので大丈夫でした。
b0156249_23596.jpg

上が作業前の藁の状態。下が作業後です。
この後、2週間乾燥させて、荒塗り、仕上げの土塗り作業になります。

b0156249_2363236.jpg

みんなで土を混ぜるようす。

みんな初対面の方たちでしたが、一緒に作業をしているうちに仲良くなりました。
この日は大阪で設計の仕事をしている方が多かったです。

そもそも、藁の家づくりリーダーの大島さんは世の中に少年犯罪が増えてしまったことに対し、
建築がなにかできないか、、という想いで藁の家づくりをはじめたとのこと。

この日も設計施工を担当している大工さんの娘さんや建て主さんの息子さんがお昼ご飯やおやつをつくってくれてました。
b0156249_23133044.jpg

年末竣工予定。
また機会があれば参加したいです。
[PR]
by kohakubiyori | 2009-06-01 23:13


<< ねむの木 O歯科実施設計終了! >>